取引先が倒産した

先日取引先が倒産をした。

倒産といってもいろいろあるけど、自己破産をされたようだ。

先方の専務さんとは何度も仕事の打ち合わせをしたり、時には一緒に食事をしたり、
良く知った間柄であったため、愕然とした。

スタッフの皆さんもまだ若かった。

こらからどうされるんだろう、と他人事ながら心配をしてしまう。

 

よく月商の3か月分の現金を、と言われますが、3か月分で足りますか? と考えている。

たったの3ヶ月で何が出来ますか? ということです。

事業を建て直すにしても、新しく何かを始めるにしても、最低1年、2年、3年はかかる。

破産整理にも、相当な労力とエネルギーを取られる。

今回の一報では、内部留保をもっと手厚くしないといけないことを、身をもって知らされた。

それと同時に、世の中は日々目まぐるしく変化しているわけで、常に変化に対応していかないと、会社は生き残れないことを改めて認識させられた。

昨日と同じことをしていても、同じ結果しか出ない。

現状維持 = 衰退、今日の飯が食えるからといって決して満足をすることなく、胡坐をかくことなく、謙虚に毎日をチャレンジしていかないといけない。

 

ペッツベストのペット保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。