人間だからやりたくない日もあるけど、前に進まなきゃ。

人間は感情の生き物であり、例えば

新しい車が届いた! ローンも組んだので心機一転また頑張ろう♪

プロポーズに成功した! 素敵な新婚生活のために、これまで以上に仕事をばりばりやろう!

新規のお客さんから、何と、契約申込みの連絡が! 今月はもう一件取るぞ!

など、精神状態の良い時は、沸騰した鍋のようにふつふつとやる気が沸いてくるけど、なかなかこんな状態の日ばかりではない。

人間の心は快晴の日もあれば、雨の日や雪の降りしきる寒い日もある。

恋人に振られて落ち込んでいる時に、やる気なんてとても起きない。

かわいがっていたネコが亡くなり、とても悲しい。

人の行動はその時の感情や状況で日々刻々と変化する。

決まったことを毎日粛々とこなすことが成功の近道、などは百も承知で分かっているけど、機械じゃないんだからそんなこと出来るはずがない。

 

では精神状態が鬱、何もやる気が起こらない、そのような時はどうしたらよいのだろう?

私個人のことで恐縮ですが、こんな時はごちゃごちゃ何も考えないと、取りあえず行動をしてみることにしている。

例えば、まずは一件でいいので、見込み客に電話をしてみる。そうすると相手はあーだのこーだのと、言い分が返ってくる。

断られることのほうが多い新規営業職、間髪入れずに次のターゲットへ電話をしてみたり、訪問できそうな雰囲気であれば、アポまでどう持っていくかを考えたりする。

気が紛れる。

まずは何でもいいので、一歩行動してみることが、新たなスタートを切る助走となるような気がする。

走り始めると風が気持ちよく、たまには良いことも起こるだろう。気持ちが盛り上がってくる。

人間は弱いため、くよくよしているとつい良からぬことばかりを回想してしまう。

仕事でもスポーツでも趣味でも何でもいいので、集中することで気持ちの切り替えが出来、また再び、人生を歩き始められるような気がする。

 

レディースキャッシング 黒モリモリスリムお試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。