買い増しをする

不動産賃貸経営がスタートして約3週間、これから運営のことを学びつつ、新しい物件を探しつつ、といったところです。

今回は日本政策金融公庫の新規事業にて、オーバーローンで融資承認を取ったため、しばらくは金融公庫で借りることが難しく、しばらくは銀行や信用金庫といったお堅いところで借りないといけないのですが、これがなかなかしぶいところであります。

物件の力次第にもよりますが、築浅で利回りがよく、駅から近い、なんてものは2万パーセントないため、もう一回最初に戻ってこつこつと楽待や建美家サイトを毎日見るしかないです。

不動産は千三(せんみつ)とも言われ、0.3%しか買ってはいけない物件、買える物件がないそうで、途方にくれるくらい気の遠くなる作業です。

それでも、「オーディション」と思って、毎日ひたすら物件を見てはふるいにかけ、地味な作業をこつこつと毎日やるだけだ、やることは単純だ、と、不動産投資家として有名な加藤ひろゆきさんの本に書かれていたことを思い出す。

話が飛んでしまいますが、「鬼のような指値」商標登録出願中、はとても面白くこういったユニークなことにもチャレンジしていきたい。

そんなわけで、また振り出しに戻り、物件を毎日探して行こうと思う。

 

入居申込みがあったが

管理会社より、入居の申込みがありました。

通常で考えれば嬉しいことなのですが、申込者は大学を受験する高校生の親で、来年の3月に合否の結果が出るとのことです。

合格してくれれば、6年借りてくれそうなのですが、不合格となると、繁忙期も過ぎ入居付けのシーズンが終わってしまいます。

悩んだ末、未来ある若者に託すしかないなと思いました。合格して住んでくれれば、物件の宣伝が学生にすることが出来、ここは祈るしかない。

無事に決済完了! 夢の不動産賃貸業始まり

昨日無事に決済が完了し、アパートが一棟手に入った。

とても感動した1日でありました。

不動産事業をやろうと決めて早2年の月日が。

やっとです。

これから運営の勉強を日々していきます。当然、孤独死や家賃滞納など、いろいろなことが起こると思うけど、全て受け入れたうえで、展開をしていきたいと思います。

運営日記もまた書きたいと思います。