マンション・アパートの名前・ネーミングの重要性と最近の傾向

 アパートやマンションの名前を決める上で、ネーミングは入居率に左右されるとても重要な最初の決めごとです。 物件の名称によって受けるイメージがかなり異なってきます。極端な例ですが、外観や家賃などの条件で甲乙つけがたい同じような物件が仮に2軒並んでいたとして、片方はセントアース希望の丘とついていたとします。もう片方はメゾン希望ヶ丘とついていたとします。あなたであったらどちらを選ばれるかということですね。(メゾン希望ヶ丘という物件に住んでる方ごめんなさい(^_^メ)

 入居後は住む人にとっての住民票の住所となる大切な要素で、そこから生活のさまざまな局面で住所を書き、マンション名を書くわけですので、響きのよい気の利いたおしゃれな物件名は借りる人にも、貸す側の大屋さんにもWINWINの関係を築ける重要な要素となります。

 マンションや賃貸のネーミングは単に分かりやすくて覚えやすい、だけではなく、響きが良い、爽快感、希望感、透明感などの要素が詰まった名前がよいと思われます。また、長さもあまり長すぎると面倒なので、適度な長さがよいでしょう。



地名のブランドを活用

 どこの地域にも人気エリアがあり、エリア名自体がブランド力を持っており、そこに住んでいるというステータスが大きな意味を持ちます。もし人気エリアやその近くに物件を所有するようでしたら、エリア名をネーミングに絡めるのも良いでしょう。

外国語単語が流行

 かつて、アパートの名前は『○○荘』や『コーポ○○』というものが多く存在していましたが、現在ではその手のネーミングは入居者には敬遠されがちのようです。 最近は西洋の単語で音の響きがよく、覚えやすいものを用いるほうが多くなってきました。